RWC2019TM開催準備情報RUGBY WORLD CUP 2019TM

RWC2019™開幕400日前【第2弾】キヤノンラグビーウォールギャラリーお披露目〜横浜市営地下鉄・市営バスに乗ってラグビーを楽しもう!〜

 

ラグビーワールドカップ2019の400日前を、2018年8月16日(木)に迎えます。その節目にあわせ、大会オフィシャルスポンサーであるキヤノン㈱の協力のもと、横浜市営地下鉄ブルーライン関内駅に、『キヤノンラグビーウォールギャラリー』を設置します。

ウォールギャラリーでは、2019年の大会で、横浜国際総合競技場にて試合を行う7チームが、スクラム、タックル、パス、キックラインアウト等、ラグビー試合中の様々なプレーをしている様子を迫力ある大型写真で紹介します。

あわせて、横浜市営バスで運行中のラグビーワールドカップ2019™ラッピングバスの車内広告でも同様の写真を掲出し、ご乗車いただく市民の皆さんにお楽しみいただきます。

1 地下鉄関内駅のウォールギャラリーについて

(1)主催 横浜市市民局、神奈川県、横浜市交通局、キヤノン株式会社
(2)期間 平成30年8月17日(金)~平成31年11月頃

※8月17日(金)の日中に施工します。

(3)場所 横浜市営地下鉄ブルーライン関内駅構内

(地下3階 あざみ野方面ホーム内)

(4)規模 高さ2.68m×幅25.2m
(5)内容 ・ラグビーワールドカップ2019において、横浜で試合を行う7チームの写真(ニュージーランド、南アフリカ、アイルランド、スコットランド、イングランド、フランス、日本)(試合開催日順)

・ラグビーワールドカップ2019の横浜国際総合競技場で行われる試合の日程

・大会公式マスコット「レンジー」の紹介

・市営交通のPR(「市営地下鉄に乗ってラグビーワールドカップを見に行こう!」)

 

2 市営バスでの車内展示について

現在、市内で運行中のフルラッピングバスの車内広告をラグビーウォールギャラリーに更新します。

外観も車内もラグビーワールドカップ一色のバスで、ラグビーの魅力を存分にお楽しみいただけます。

(1)期間 平成30年8月17日(金)~

※車両の運用により変更になる場合があります。

(2)運行区間 本牧営業所区間内(中華街、元町、山下公園、大さん橋、三溪園、桜木町、横浜駅周辺 等)
(3)台数 1台

 

【キヤノンラグビーウォールギャラリーとは】

ラグビーワールドカップ2019™️大会オフィシャルスポンサーであるキヤノン株式会社が開催都市と協力し、参加チームの迫力ある試合写真を掲出することで開催都市における機運醸成を目的とするプロジェクトです。これまで大分、熊本、大阪、静岡での実績があります。

 

 

 

詳しくはこちらの記者発表記事をご覧ください。

PAGETOP