横浜ラグビーニュース

いよいよラグビーワールドカップ2019™イヤー! 横浜からラグビーを盛り上げます!

ラグビーワールドカップ2019TM日本大会は、いよいよ開催年・2019年を迎えます。

横浜市では、大会の開催年を迎えるにあたり、元旦からWEBサイトを活用したキャンペーンや、横浜駅での期間限定の壁面装飾、そしてB1リーグに所属する横浜ビー・コルセアーズの試合でのPR等を行うことで、横浜からラグビーワールドカップの盛り上げを図っていきます。

1 WEBサイトを活用したキャンペーン

2019年の幕開け、ラグビーワールドカップ2019をより身近に感じていただけるよう、スマートフォンの待受画面として活用できる画像を無料ダウンロードできるキャンペーンを、WEBサイト「横浜ラグビー情報」上で、実施します。

(1)実施期間

1月1日(火)0:00~1月7日(月)23:59

(2)実施内容

実施期間中に、WEBサイト「横浜ラグビー情報」にアクセスしていただくと、無料でオリジナル待受画面をダウンロードすることができます。待受画像は、大会公式マスコット「レンジー」を中心にデザインした2種類。

連獅子にも似た「レンジー」画像をダウンロードして、ラグビーワールドカップイヤーのお正月を盛り上げよう!

 

<待受画面イメージ>

 

2 横浜駅での壁面装飾

JR東日本が実施しているJR横浜駅西口仮囲いプロジェクト「have a Yokohama」で、ラグビーワールドカップ2019が取り上げられます。今回の「have a Yokohama」のテーマは「横浜の、後世にのこしたい99のヒトコトモノ」。RWC2019決勝の舞台である横浜国際総合競技場に集まった子どもたちの写真が掲出されます。

(1)期間

1月5日(土)~3月下旬

※工事の進ちょくによって、掲出期間が変更となる場合があります。

(2)場所

横浜駅西口の工事仮囲い

(3)掲出イメージ

開幕1年前、横浜国際総合競技場に集まったラグビースクールの子どもたちと大会公式マスコット「レンジー」

3 横浜ビー・コルセアーズ ホームゲームに合わせたPR

ラグビーワールドカップイヤー最初の横浜ビー・コルセアーズのホームゲームB1リーグ第18節「横浜ビー・コルセアーズ 対 名古屋ダイヤモンドドルフィンズ」(日時:1月5日(土)18:05試合開始、場所:横浜国際プール)にて、会場に訪れたバスケットボールファンに向けて、ラグビーワールドカップのPRを行います。

(1)実施日時:1月5日(土)16:00~

(2)実施場所:横浜国際プール(都筑区北山田7-3-1)

(3)実施内容:

ア 来場者先着3,000名へのPRグッズプレゼント

古くから伝わる想像上の聖獣の獅⼦を由来とした⼤会公式マスコット「レンジー」をデザインしたグッズ(クリアファイル、ステッカー)を、先着3,000名の方々にプレゼントし、ラグビーワールドカップイヤーのおめでたい雰囲気を演出します。

イ 会場内でのPRブースの設置

会場内でラグビーワールドカップPRブースを設けて、PRします。

(ア)ブース設置場所:会場1階アリーナ席裏(アイランドパーク)

(イ)ブース内容:フォトスポット設置、パネル・グッズ展示、チラシ等配布

クリアファイル ステッカー

【コラボ企画① なりきりラグビー選手】

試合当日、ラグビーボールを持って、投げて、蹴って…と、バスケットボールの試合会場でラグビー選手のようなプレー体験ができます!

女子ラグビーチーム「YOKOHAMA TKM」の選手がやさしく丁寧に教えますので、ラグビーボールに触れたことのない方も安心して体験できます。

〇「YOKOHAMA TKM」とは

2011年創設の戸塚区にある女子ラグビーチームで、現在18人の選手が在籍しており、日本代表のみならず、イタリア代表やニュージーランド代表を経験した選手が働きながら、お互いに切磋琢磨しあっています。

 

【コラボ企画② ラグビー対バスケット 3番勝負】

ハーフタイムに、コート上でラグビーとバスケットで3番勝負を行います。①シュート②パス&ラン ③リバウンド(ラインアウト)それぞれ来場者同士が競います。

参加者は「横浜ラグビー情報」と横浜ビー・コルセアーズの公式サイトで募集します。

 

【コラボ企画③ ラグビー レジェンドコラボイベント】

ラグビー界からレジェンドをお招きし、ラグビーイヤーを迎えた期待感などをバスケファンの前で披露します。

吉田 義人(よしだ よしひと)

1969年生まれ。秋田県出身、横浜市在住。

ラグビー世界選抜代表として、日本人唯一3回選抜。オールブラックス戦でのダイビングトライは世界ラグビー史上、伝説となる。日本代表としてラグビーワールドカップには2回出場。31歳で渡仏。日本人初の1部リーグのプロラグビー選手となる。

その後、明治大学ラグビー部監督として、母校を14年ぶりに対抗戦優勝に導く。2014年7人制ラグビー専門チーム「サムライセブン」を創設し代表兼監督就任。

2016年一般社団法人日本スポーツ教育アカデミー理事長就任。スポーツを通しての将来の人材育成に力を注ぎ、精力的に活動をしている。

ラグビーワールドカップ2019™️開催都市特別サポーター(神奈川・横浜)

笠原 ゴーフォワード

よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属

普段は渋谷にある「よしもと無限大ホール」や「神保町花月」で活躍中

ラグビー歴は13年を誇る

・全国中学ラグビー優勝

・筑紫高校から明治大学に推薦入学

・元高校日本代表候補

・高校九州選抜キャプテン

・吉田義人氏の明治大学監督時代の教え子

 

【コラボ企画④ この日限定!重ね押しスタンプラリー】

今回のコラボデー限定のスタンプ台紙を会場で入手して、会場内5か所に設置されているポイントで、スタンプを重ねて押してください。版画のようにカラフルな1枚の作品に仕上がります。

また1枚の絵に仕上げた方(コンプリートした方)先着500名に特製カレンダーをプレゼントします。

 

記者発表資料はこちら

PAGETOP