RWCファンゾーン

ラグビーワールドカップ™が120%楽しめる!「ファンゾーン」ってどんなところ?

いよいよ開幕が迫ってきたラグビーワールドカップ2019™日本大会!

今回はラグビーワールドカップにおける目玉企画の一つ、「ファンゾーン」について紹介します!

チケットを持っていても持っていなくても楽しめる、素敵なイベントとなること間違いないので今のうちにチェックしておきましょう!

ラグビーワールドカップの「ファンゾーン」

「ファンゾーン」はラグビーワールドカップの開催期間中、各開催都市を中心に催されるラグビーファンの集う大規模イベント!

大型スクリーン等でパブリックビューイングが行われ、ここでも試合の臨場感を味わうことができます。

※写真はラグビーワールドカップ2015のファンゾーン

会場には飲食やラグビー体験、ラグビーに関する様々なブースが用意され、まさにラグビー一色!世界中のラグビーファンが集まる、非常に”アツい”空間です!

海外のラグビーファンにとって、ラグビーワールドカップにおける「ファンゾーン」は欠かせない存在だそうで、ファンゾーンへ立ち寄り気持ちを盛り上げてから試合会場に向かうことが慣例となっているそうです。

前回大会であるRWC2015イングランド大会ではファンゾーンに合計100万人以上が来場しました!

試合中以外、敵味方の区別をつけないという”ノーサイド”の精神が根付いているラグビーではファン同士の交流も盛ん!大人から子どもまで世界中のラグビーファンと交流できるチャンスです!

横浜のファンゾーン

RWC2019決勝の地である横浜にもファンゾーンが設置されます!

会場はみなとみらいの臨港パークで大会期間中、土日を中心に15日間開催されます!

横浜の海風を感じながら、世界中のラグビーファンとビールを片手に試合観戦…

一生に一度の最高のイベントとなることでしょう!

チケットを取れなかった方もRWC2019をより楽しむチャンス。チケットを入手できた方も試合前にファンゾーンで楽しんでから会場に向かうと、大会をより思い出深いものにできること間違いなし!

横浜で開催されるファンゾーンの詳細はファンゾーンページで順次発表していきます!

 

数千人のラグビーファンが集まり、ラグビー気分を味わいながらラグビーワールドカップの試合を観戦できるファンゾーン。間違いなく試合会場と同じくらい熱気に溢れたアツいスポットとなるでしょう!

大会期間中は是非、臨港パークのファンゾーンに足を運びましょう!

また、大会期間中は全12開催都市が、ファンゾーンを開催します。こちらもチェックして大会をさらに楽しみましょう。

PAGETOP