横浜ラグビーニュース

ラグビーワールドカップ2019TM を横浜でいかに迎えるか 「共創オープンフォーラム・ヨコハマ」を開催します!

横浜市では、公民の様々な主体が連携して社会的な課題の解決や新たな価値の創造を目指す“共創”の取組を進めており、その推進に向けた公民の対話・交流の場として、毎年「共創オープンフォーラム」を開催しています。

開幕まで100 日を切ったラグビーワールドカップ2019 が日本で初の開催となり、横浜でも決勝を含む7試合が行われますが、今回は、「ラグビーワールドカップ2019 を横浜でいかに迎えるか」と題して、ラグビーの魅力を伝えるとともに、民間と行政がともにこのチャンスを活かし、海外からの観客をいかに迎え、横浜のビジネスシーンに何をもたらすことができるのか、といったことについて、参加者の皆様と共に考えるフォーラムを開催します。

スペシャルゲストとして、元ラグビー日本代表で現在も現役選手として活躍する五郎丸歩選手、ノンフィクション作家の小松成美氏をお迎えします。是非、ご参加ください。

 

【開催概要】

1 日時

令和元年7月24 日(水)18 時30 分開場/19 時 開演(21 時終演予定)

 

2 会場

関内ホール 大ホール(横浜市中区住吉町4-42-1)

 

3 定員

約1,000 名(事前予約制・入場無料)

※事前受付:7月19 日(金)17 時まで

 

4 プログラム

  • 第1部:対談(19:00~20:00)

『ラグビーワールドカップ2019 の楽しみ方~ラグビーの魅力/RWC2019 の見どころ~』

<ゲスト> 五郎丸 歩 選手×小松 成美 氏

  • 第2部:講演(20:15~21:00)

『インバウンドが横浜にもたらすもの~ビジネス創発・公民連携の可能性~』

<登壇者>

①河村昌美(横浜市政策局共創推進課課長補佐/事業構想大学院大学事業構想研究所客員教授)

②萩野隆二氏(JTB 横浜支店 観光戦略推進部長)

 

5 主催・共催

主催:横浜市(政策局、市民局、中区)

共催:横浜メディアビジネス総合研究所(YMBL)

 

【申込方法】

下記の市ウェブページより直接お申込みください。

https://www.city.yokohama.lg.jp/business/kyoso/kyosofront/forum.html

 

記者発表資料はこちら

PAGETOP