ラグビーのココがみどころ

ラグビーのポジションと役割 #1フォワード

ラグビーは1チーム15人で行うスポーツ。大きい人、小さい人、力持ち、俊足等、多種多様な特徴を持つ選手が集まっています。今回はスクラムやラインアウトなどのセットプレーを行う「フォワード」の8人について紹介します。

「フォワード」は背番号1から8までの8人。主な仕事はボールの争奪戦。体を張ってボールを守り、前に進めていくパワー型のポジションです。

プロップ・フッカー(背番号1,2,3)

スクラム最前列の3人、プロップとフッカー。

プロップ(背番号1,3)は最も大柄な選手。8人対8人のぶつかりあいであるスクラムの最前列で、体を張ってプレーするスクラムの要。

フッカー(背番号2)はフォワードの司令塔。最前列でスクラム全体を統率します(ラインアウトでボールを投げ入れる選手もフッカーが行うことが多く、ラインアウトも統率します)。

ロック(背番号4,5)

ロックはスクラムの二列目。長身の選手が多く職人肌。長身を活かし、ラインアウトではジャンパー(持ち上げられてボールを高い位置でキャッチするポジション)をつとめます。

フランカー・ナンバーエイト(背番号6,7,8)

スクラムの3列目。
フランカー(背番号6,7)は機動力のある選手。ピッチ上を駆け回り、密集など様々な場面に顔を出し、チームに貢献します。

ナンバーエイト(背番号8)はオールラウンドプレイヤー。体格もよく当たってよし、走ってよし、投げてよしの何でも出来る器用なプレーヤーです。

専門職・フロントロー

スクラムの最前列、プロップやフッカーの選手をフロントローといいます。

プロのスクラム総重量は1トン弱。ラグビーの花形・スクラムは1トン対1トンのぶつかり合いです。

フロントローの両肩には数トンの圧力がかかります。少しでも姿勢が崩れると怪我や事故のリスクが高いため、フロントローの選手は普段からスクラムを最前列で組み、訓練しています。

誰でも出来るポジションではないフロントローは「専門職」と呼ばれ、他のポジションより多くの人数がチームに登録されます。

ラグビーは基本的にポジションで背番号が決まっています!背番号に注目してお気に入りの選手・ポジションを見つけるのもラグビーの楽しみ方のひとつかもしれません。

次回はフォワードが死守したボールを足で前に進める「バックス」の7人を紹介します!

PAGETOP