横浜ラグビーニュース

世界の子どもたちが 横浜の中学生とラグビーを通じた交流を行います!

ラグビーワールドカップ2019TMワールドワイドパートナーのソシエテ・ジェネラル(仏メガバンク)が9か国・地域から子どもたち約100名を横浜へ招待し、ラグビー交流や準決勝観戦の機会を提供する取組(ソシエテ・ジェネラル ラグビー・スピリット・フェスティバル)に合わせて、横浜市立仲尾台中学校の生徒が交流を行います。

1 ソシエテ・ジェネラル ラグビー・スピリット・フェスティバル

(1)日程・内容・会場・宿泊先

令和元年10月23日(水)~27日(日)

日程 内容 会場
10月23日(水) 子どもたち入国
10月24日(木) 仲尾台中学校との文化交流 仲尾台中学校
(神奈川県横浜市中区仲尾台23)
10月25日(金) 仲尾台中学校生徒とのタグラグビー交流 横浜カントリー&アスレティッククラブ
(横浜市中区矢口台11-1)
10月26日(土) 市内観光及び準決勝観戦 横浜国際総合競技場
(港北区小机町3300)
10月27日(日) 子どもたち帰国

宿泊先:横浜市上郷・森の家(横浜市栄区上郷町1499-1) ※詳細後述

(2)対象等

ア 参加国・地域 ※( )内数字は子供たちの参加予定人数

中国(8)、台湾(8)、オーストラリア(8)、シンガポール(8)、ベトナム(8)、
香港(16)、インド(23)、マダガスカル(8)、日本(8) 合計95名
※日本は26日(土)のみ参加

イ 参加予定者数

120名(子どもたち95名及び引率者25名)
※文化交流では、仲尾台中学校の全校生徒 約400名も参加します。
※ラグビー交流及び準決勝観戦では、仲尾台中学校の2年生約140名も参加します。

ウ 参加対象年齢

満11歳以上14才未満(国外から来る子どもの年齢)

(3)主催

ソシエテ・ジェネラル(ラグビーワールドカップ2019ワールドワイドパートナー)

(4)後援

チャイルド・ファンド(ワールドラグビー公認チャリティーパートナー)

横浜市

【ソシエテ・ジェネラル ラグビー・スピリット・フェスティバル】

ラグビーワールドカップワールドワイドパートナーであるソシエテ・ジェネラルが主催するチャリティプログラム。ワールドラグビーの公認チャリティーパートナーであるチャイルド・ファンドとのパートナーシップにより、ソシエテ・ジェネラルが支援する慈善団体から支援の必要な子どもたち約100名を、ラグビーワールドカップ2019で一生に一度の体験をするために日本へ招待します。海外の子どもたちは日本の子どもたちとともに、文化交流やタグラグビー大会などに参加するほか、ラグビーワールドカップ2019準決勝も観戦します。

2 仲尾台中学校生徒との文化交流について【10月24日(木)】

国外から来た子どもたち(87名)を仲尾台中学校にお迎えし、日本文化体験やお昼ご飯を一緒に食べるなどの交流を通じて、おもてなし及び文化交流を図ることを目的として実施します。

(1) 仲尾台中学校全校生徒によるお出迎え

仲尾台中学校全校生徒が、各国・各地域の文化をお互いに学ぶことができるゲームを企画・実施し、国外から来た子どもたちをおもてなしします。

(2) ハマ弁によるランチ交流

各国の子どもが各クラスに分かれて、仲尾台中学校の生徒たちとハマ弁を食べながら交流します。

当日の献立は、横浜市や神奈川県にゆかりのある食材やメニューを取り入れた和食とし、鶏肉を使用するなど、各国の文化事情に配慮した内容にしています。

外国の子どもたちにもメニューを理解してもらえるよう、各国の言語に対応した、特別なお品書きを用意します。

【ハマ弁について】 

横浜市では、配達弁当である「ハマ弁」を市内中学校・義務教育学校(後期課程)145校で実施しています(市立高校附属中学校は対象外)。

ハマ弁は、ご飯と汁物が温かく、栄養バランスの整った献立を日替わりで提供しています。

~交流当日の献立(市内全中学校で提供されます。)~

  • ごはん、鶏肉の竜田揚げ・ゆかりキャベツ
  • 変わりきんぴら
  • 小松菜のお浸し(小松菜は横浜市内で広く生産)
  • かぼちゃの煮物
  • けんちん汁(鎌倉建長寺が発祥といわれている)

【仲尾台中学校(ハマ弁推進校・食育実践推進校)の取組について】

仲尾台中学校では、社会状況の変化を捉え、PTAとの協働により学校独自の取組としてハマ弁を利用しやすい環境づくりを推進しています。生徒会が中心となり、全校生徒にアンケートを実施して、事業者に提案を行ったり、栄養バランスに配慮しつつも生徒に人気の献立を考案するなど、ハマ弁を使った食育も実践しています。生徒主体による取組が進んだことで、学校全体でハマ弁を食べる風土が醸成され、1年生では多い日で約9割、2、3年生では約4割の生徒が昼食にハマ弁を注文しています。

(3) 仲尾台中学校2年生による文化交流

習字体験を通じて、日本文化に触れてもらいながら、仲尾台中学校生徒との交流を図ります。

(4) タイムスケジュール
時間(目安) 内容 仲尾台中学校参加者 会場
11時00分~ 歓迎式(ウェルカミング) 全校生徒 体育館
12時30分~ ハマ弁によるランチ交流 全校生徒 各クラス
13時40分~15時00分 文化交流 2年生 体育館

3 仲尾台中学校生徒とのラグビー交流について【10月25日(金)】

(1) 場所

横浜カントリー&アスレティッククラブ(横浜市中区矢口台11-1)

(2)参加者

約240名(外国の子どもたち 87名+仲尾台中学校2年生 約140名)

(3) タイムスケジュール
時間(目安) 内容
9時00分~ 開会式
9時15分~10時00分 タグラグビールール説明
10時00分~13時00分 タグラグビー交流
13時00分~14時00分 昼食
14時00分~15時30分 タグラグビー交流
15時30分~ 閉会式

4 市内観光及び準決勝観戦について【10月26日(土)】

国外の子どもたちが市内観光した後、横浜国際総合競技場で開催される準決勝を観戦します。また、ソシエテ・ジェネラルのご厚意により、文化交流及びラグビー交流に参加した仲尾台中学校2年生(約140名)も同試合を観戦します。

5 横浜市上郷・森の家について

横浜市上郷・森の家は、横浜市の施設です。横浜自然観察の森や、金沢市民の森、金沢動物園に隣接した自然豊かな研修・宿泊施設であり、ホールやミーティングルーム、多目的室に加え、自慢の室内焚き火場「火の間」を備え、企業研修やゼミ合宿、ダンス合宿などの団体様にもご利用いただけます。2019年9月にリニューアルオープンし、グランピング施設やキャンプ施設も加わり、ファミリーやグループ旅行などにもお楽しみいただける施設へと生まれ変わりました。

記者発表資料はこちらをご覧ください。

PAGETOP