横浜ラグビー探検

日産スタジアム(横浜国際総合競技場)

第一回はやはり決勝の舞台となる新横浜!今回はラグビーワールドカップ2019に向けて改装を行った、日産スタジアムの工事の様子をご紹介します!

新横浜駅を出てすぐ、ラグビーワールドカップ2019仕様の階段とカウントダウンボードがお出迎え。撮影時は開幕まで563日!気持ちもたかぶります。

道中、桜発見!日本代表の愛称は「ブレイブ・ブロッサムズ」。エンブレムも桜がモチーフです。

スタジアム到着!撮影時は、イス、照明等の入れ替え作業中。それでは中に入っていきましょう!

スタジアム内の工事の様子。場内に巨大クレーンを4機運び込み、作業しました。

新しく導入されたイス。跳ね上げ式なので通路が広くなり、カップホルダーももちろん完備。座り心地も最高。このイスなら何時間でも気持ちよく観戦できます!

特注のLED照明。一つ一つの照明の角度に意味があり、組合せで様々な競技に最適な照明を実現しています。

場内通路には柱ごとにディスプレイが並び、メインスタンド側通路には巨大ディスプレイ。イベントの雰囲気作りやお知らせ、非常時の案内等様々な活用を考えています。

4月28日には、ナイターの試合も行われ、新しいイス・照明・ディスプレイを確認できます。

続いてスタジアムの下スペース。日産スタジアムは千本以上の柱の上に乗る形で建設されています。今回の工事に先立ち、巨大クレーンの重さに耐えられるよう、梁を追加し補強しました!

そしてなんといってもここ!そうです。選手たちがフィールドに出ていく階段です。中継等で見たことがある方も多いのではないでしょうか。

ロッカールームも改装中。2019年、この新しいロッカールームにどんな歴史が刻まれていくのか、想像するだけで鳥肌が立ちます。

日産スタジアムは今年で開場20年。大規模な改装により新しく生まれ変わるスタジアムでどんな試合が繰り広げられていくのでしょうか。今から楽しみです。

日産スタジアムでは「ワールドカップスタジアムツアー」として、ガイド付きで場内を見学できるツアー(有料)を開催しています。普段入ることができないロッカールームやロビー、ピッチも見学できます。特にお勧めなのは、ロッカールーム。2002FIFAワールドカップ決勝戦の風景が再現されています。興味のあるかたは是非、参加してください!

※詳細は「ワールドカップスタジアムツアー」をご確認ください。

PAGETOP