横浜ラグビー探検

ラガーマンが行く 横浜ラグビースクール

ラガーマンが横浜・神奈川のラグビースポットやチームをレポートする「横浜ラグビー探検」。

今回は幼稚園児から中学生までが在籍するもうすぐ創立50周年の名門、横浜ラグビースクールの練習を見学するため、保土ヶ谷ラグビー場に行ってきました!

幼稚園クラス

幼稚園児によるラグビー…見学する前は想像もつきませんでしたが、しっかりラグビーをやっています!!

体をぶつけ、レフリーも厳しく笛を吹きます。すぐそばにコーチも付き、安全対策もバッチリ。これなら保護者も安心して見ていられますね。

練習を見守っている保護者の方にお話をうかがうことができました!

幼稚園でタグラグビーをやったことがきっかけで、息子さん自ら「ラグビーをやりたい!」と言ってきたそう。将来が楽しみですね!

小学生クラス

小学生の練習も本格的!リズムトレーニングや体幹トレーニングなど、最新のトレーニングを取り入れた練習メニューです。

パス回しも大人の試合と遜色ありません。自分の役割(ポジション)を理解し、組織的に動いています。

小学生のラグビーって?

小学生(12歳以下)のラグビーはミニラグビーと呼ばれ、1チーム5人から9人(学年によって異なります)で試合が行われます。

フィールドも15人制のラグビーよりも狭い範囲で行われ、スクラムのノーコンテスト(ボールを奪い合わない)等、発育途中の小学生でも安全にラグビーをプレーできるよう、ルールが調整されています。

また今後、低学年の子どもたちには、タックルなどの接触プレーがない「タグラグビー」が導入されます。

より安全にラグビーを楽しむことができるようになりますね!

中学生クラス

中学生クラスは真剣そのもの!厳しい練習にも負けず、みんないきいきとラグビーをプレーしています。

最後に中学生のミニゲームを見ることができました!フルコートを使い、大人顔負けの迫力。さすが昨年度全国優勝チーム。これからもがんばってください!

中学生のラグビーって?

中学生のラグビーはジュニアラグビーと呼ばれ、1チーム12人で試合が行われます。

安全のため多少ルールが調整されているところもありますが、高校生以上の15人制ラグビーにかなり近いルールとなっています。フィールドの大きさも大人と同じです。

さいごに

今回見学させてもらって一番感じたこと。それは「みんな心からラグビーを楽しんでいる」ということ。

選手はもちろん、コーチも、保護者も、その場にいる全員がラグビーという競技を真剣に考え、楽しんでいました。

未来ある選手たちの将来が本当に楽しみです。

今回は取材に快く応じていただいてありがとうございました!

写真は校長の井上 史彦氏

横浜ラグビースクールでは、見学・体験歓迎ということですので、興味のある方は是非、ホームページを見て、足を運んでみてはいかがでしょうか!

PAGETOP