横浜ラグビー探検

ラガーマンが行く横浜ラグビー探検 vol.4こどもから大人まで楽しめるタグラグビーを体験してきました!

ラガーマンが横浜・神奈川のラグビースポットやチームをレポートする「横浜ラグビー探検」。

今回はこどもから大人まで、定期的に集まりタグラグビーをプレーしている「よこはま・らぐびー・らぼ@いそご」さんにお邪魔し、タグラグビーを体験してきました!

タグラグビーとは

タグラグビーはラグビーの中で相手を止めるプレー、「タックル」を「タグをとる行為」に置き換えたスポーツです。

タックルもなく、ルールも単純化されているので年齢、性別や経験に関係なく誰でも気軽にプレーできるスポーツとなっています。

プレーヤーは全員腰にマジックテープが付いているベルトをまき、体の横に2本、タグ(写真では緑色の帯のようなもの)を付けます。

この「タグ」を取られるとラグビーでいう「タックルされた状態」とみなされ、その場で前進を止め、味方にパスしなければなりません。

タグを4回取られると攻守交替で相手ボールとなります。

その他はまさに「簡単なラグビー」といった感じ。ボールを持ってコートを駆け回り、相手ゴールにボールを置いたら得点です!

実際にやってみた!

今回は体育館でのタグラグビー。ボールの奪い合いがないのでどこでもできることも魅力ですね!

まずは準備。ベルトを腰に巻きます。

試合の様子。思っていたよりずっと本格的!ボールの奪い合いやキックがないだけで、駆け引きもあり、盛り上がります。

なにより驚いたのがスピード感。人数も少なく、コートも狭いので、非常にスピーディーな試合運びです。

タグを取りにいくときは腰を落とし、両手で取りにいきます。これがなかなか難しくて何度も抜かれてしまいました。

タグは腰から下についているので、タグを取りにいくと自然と綺麗なタックルの姿勢になります。練習になりますね!

この日はレフェリーによる講習会も行われていました。タグを取ったら「タグ!」と宣言する、取ったタグは確実に持ち主に返すなど、フェアプレーを心がけるようおっしゃっていました。

タグラグビーも「紳士のスポーツ」ですね!

タグラグビーをプレーして

今回初めてタグラグビーをプレーさせてもらいましたが、安全面で誰でもプレーでき、楕円球をつかって体を動かせる非常に考えられているスポーツだと感じました。

初心者も経験者も、老若男女すべての人が楽しめるスポーツです!ラグビーに興味のある方は是非一度、プレーしてみてはいかがでしょうか!

 

取材日が七夕前ということで、こんな素敵な願い事を見つけました!来年も同じ思いでいてもらえるよう、横浜・神奈川のラグビーを盛り上げていかなければならないと、気の引き締まる思いでした。

PAGETOP