ラグビーのココがみどころ

ラグビーのルーツ、エリス少年

ラグビーのルーツはサッカーと同じくフットボール。19世紀、イングランドで生まれたスポーツです。

当時、フットボールのルールは地域や学校によって異なりますが、「足でボールを運ぶスポーツ」として様々な場所で一般的に楽しまれているスポーツでした。

1823年、イングランドの「ラグビー」という町にあるラグビー校で起きた出来事がラグビーの始まりと言われています。

当時、ラグビー校のフットボールのルールではボールをキャッチするなど、一時的に手を使うことは認められていましたが、ボールを持って走ることは禁止されていました。

しかし、ウィリアム・ウェブ・エリスという少年が試合中、ボールを手に持って走り出してしまいました。

このことがきっかけで、ボールを手に持って運ぶスタイルが浸透し、ラグビーというスポーツができていったとされています。

ウェブ・エリス・カップ

ラグビーワールドカップの優勝チームに授与される優勝杯の名前は「ウェブ・エリス・カップ」。ラグビーの起源となったウィリアム・ウェブ・エリス少年から名前をとっています。

このカップは第1回大会から同じものが使用され、ラグビーワールドカップ決勝の終了後、表彰式までの間に現地で優勝チーム名が彫り込まれ、授与されます。

このカップに9つ目の名を刻むチームはどこになるのか、今からラグビーワールドカップが楽しみです!

TM © Rugby World Cup Limited 1986. All rights reserved.

当時のフットボールで使用されていたボールは豚の膀胱を膨らませたものを元に作られていました。今のサッカーボールのように円に近い形をしていましたが、豚の膀胱ですので形は様々だったようです。

ボールを手に持って運ぶようになり、「より歪んでいるボールの方が持ちやすい」ということでラグビーボールは楕円球となっていったと言われているそうです。

ちなみに上述の「エリス少年の逸話」はラグビー界では有名な話ですが、エリス少年事件の50年以上あとにラグビー校のOBが「人から聞いた話」として語った話だそうです。

ラグビーワールドカップの優勝杯、「ウェブ・エリス・カップ」は昨年、開催都市を中心に日本中を回って展示されました。2019年、ラグビーワールドカップにあわせてウェブ・エリス・カップが決勝の地、横浜国際総合競技場に飾られます。

是非、この黄金の杯をラグビーワールドカップ決勝の地である横浜で日本代表の主将が掲げる姿を見たいですね!

PAGETOP