横浜ラグビー探検

ラガーマンが行く横浜ラグビー探検 vol.14 Ozタグ(タグフットボール)を体験してきました!

ラガーマンが横浜・神奈川のラグビースポットやチームをレポートする「横浜ラグビー探検」。

今回はNPO法人たぐんちゅ主催の「Ozたぐんちゅ at しんよこフットボールパーク」に参加させていただきました!

会場はラグビーワールドカップ2019決勝の地、横浜国際総合競技場(日産スタジアム)の横、しんよこフットボールパーク!人工芝のグラウンドでナイター設備、更衣室やシャワーもあり、快適に体を動かすことができました!

Ozタグ(タグフットボール)

今回はOzタグの日ということで、以前ご紹介したタグラグビーとは少しルールが違います。

Ozタグはキックあり(ボールが肩より上に上がるキックは反則です)!キックがあることにより戦術に幅が出て、よりラグビーに近いような試合展開となります。

もちろんコンタクトプレーはなし!どんな方でも安全に楽しむことのできるスポーツとなっています。

他にも細かいルールの違いはありますが、丁寧に説明いただき、楽しくプレーすることができました!

実際にやってみた!

試合はキックから始まります!地面に置いたボールをそのままキック!Ozタグは8人対8人で試合を行います。

タグラグビー同様、ボールを持ったプレーヤーが腰につけているタグを取られたら中断。ボールを片足で後ろに転がしプレーを再開します!

この日は男性、女性、日本人、外国人、様々な年代の方が約20人集まり、一緒に汗を流しました!Ozタグは老若男女、すべての人が気軽に楽しめるスポーツです!

ラグビーリーグの選手やタグラグビー、タグフットボールのワールドカップ出場経験者も参加されていて、一緒にプレーすることができました!いい経験をさせていただきました。

Ozタグはオーストラリア発祥!2015年、2018年のワールドカップもオーストラリアで開催され、各年代別、男子、女子、男女混合など、様々なカテゴリが用意されています。

ルールも簡単で覚えやすいので気軽にプレーできることも魅力の一つでしょう。

この日は平日にもかかわらずたくさんの人がが集まり、3チームに分かれて総当たりで対戦。仕事帰りに参加されている方も多く、皆さんいい汗を流されていました!

NPO法人たぐんちゅ

今回参加させていただいた「Ozたぐんちゅ at しんよこフットボールパーク」主催のNPO法人たぐんちゅ代表の岩松氏。

ご自身もタグフットボールのワールドカップに日本代表として出場されている方で、ルールや競技についても丁寧にご説明いただきました!

ラグビーワールドカップ2019に向けて、訪日された外国人と”タグ”を通じて交流するイベントも考えられているそうで、こちらも楽しみですね!

NPO法人たぐんちゅでは今回参加させていただいたOzタグの他にタグラグビーや5人制のカジュアルタグラグビー・FIVESなど、中学生以上ならどなたでも参加できる活動を定期的に開催されています。

詳しい活動内容はfacebookページホームページに掲載されていますので、興味のある方は是非、チェックして足を運んでみてはいかがでしょうか!

PAGETOP