横浜ラグビー探検

パブリックビューイングってどんなところ?日本代表v南アフリカのパブリックビューイングに行ってきました!

9月20日にいよいよラグビーワールドカップ2019™が開幕しました!

11月2日の閉幕までの間、どれだけの素晴らしい試合が行われるか、とても楽しみですね!

パブリックビューイングでは、トライやタックルが決まった瞬間の盛り上がりをたくさんの方と一緒に共有できるので、一人でテレビを見ているのとは違った楽しみがあります。

今回はパブリックビューイングってそもそもどんなかんじなの?という疑問を持つ方が気軽に遊びに来ていただけるよう、9月6日に開催したテストマッチ(日本対南アフリカ)のパブリックビューイングの様子をお届けします。

今回の会場は戸塚区民センターさくらプラザ!戸塚駅前にある300席以上のホールです!開場とともに多くの方が入場し、この試合への皆さんの注目度が見てとれるようでした!

試合前にトークショーがあり、ゲストも豪華!

この日は横浜の女子ラグビーチーム、YOKOHAMA TKMから三村選手、光月選手、元日本代表の望月氏、お笑い芸人の笠原ゴーフォワード氏が出演し、ラグビーや日本代表に対する思いなど、熱く語っていました!

因みに笠原ゴーフォワード氏は人気ドラマ「ノーサイドゲーム」にもアストロズの選手役として出演しており、ドラマの裏話に会場は大いに盛り上がっていました!

望月氏が着ていた日本代表のレプリカジャージを脱ぐと下には現役時代に実際に着ていたユニフォームが!テンションが上ります。

そしていよいよキックオフ!日本代表にとっては自国開催であるラグビーワールドカップ2019™️の命運を占う大切な試合、南アフリカ代表にとっては4年前に敗北を喫した相手との負けられない戦い。ラグビーワールドカップ本番さながらの緊張感で試合はスタートしました。パブリックビューイング会場で観戦をしている方たちも、テストマッチ連勝中の日本に対し、期待した様子で応援をしています。

スクラムは負けてない!体重差をテクニックでカバーする日本代表。練習の成果を発揮して、重量級の南アフリカフォワードの圧力に日本代表は組織的なスクラムで対抗します!

松島幸太朗選手のトライ!会場は大盛りあがり!いいプレーが出たときの会場の一体感はパブリックビューイングならでは。たまりません!

試合中はゲストの方々が解説してくれるので、細かいルールがわからなくても大丈夫!この日は元日本代表や出場選手と一緒にプレーしたことがある方が揃っていたので選手の性格や私生活などの裏話も聞けました!これもパブリックビューイングならではですね。

試合は残念ながら7-41で日本代表が敗れてしまいましたが、きっと修正して、ラグビーワールドカップ2019™️に望んでくれることでしょう!

パブリックビューイングはたくさんの人が集まりスポーツやチームに対する熱意をみんなで共有しながら観戦できる、熱気あふれる素晴らしい場所でした!

家や会場で観戦するのとは一味違う、パブリックビューイングならではの”熱気”を是非、味わってみてください!

神奈川・横浜ではラグビーワールドカップ2019™️開催期間中、みなとみらいの臨港パークでファンゾーン神奈川・横浜を開催しています。全48試合中32試合を生中継!迫力の大画面で試合を観戦できます!

また、その他にも公会堂等でパブリックビューイングが行われています。

是非足を運んでみてはいかがでしょうか!

詳しくはパブリックビューイング一覧をご覧ください!

PAGETOP